淫羊霍(イカリソウ)の由来 - 超金龍を徹底解剖

淫羊霍(イカリソウ)の由来

淫羊霍は日本では、イカリソウ(錨草)という呼び名で知られているメギ科の多年草です。

イカリソウの由来は花が船のイカリに似ていることから来ているのですが、淫羊霍(インヨウカク)と呼ばれるようになったのは、古くは中国の四川省北部で羊が沢山放牧されており、そこの雄羊は1日に百回も交尾すると言われており、そこからの由来です。

それを見て不思議に思った村人が「その精力の原因はなんなのか?」と、調べた結果、その土地にはカク(ホザキノイカリソウ)という草が多く生えており、そのカクを羊が好んで食べていたことが精力絶倫の原因という言うことに気づいたのです。

これをきっかけに、精力絶倫の雄羊を「淫羊」、それに薬草の「カク」を合わせてホザキノイカリソウの漢名を「淫羊霍(インヨウカク)」とする、と李時珍の本草綱目に記されています。

それ以後、この淫羊霍(インヨウカク)は強壮生薬として頻繁に使用されるようになり、以降の実験でも大脳を興奮させ、刺激性を敏感に、末梢血管を拡張して血流を亢進させる、特に、陰茎海綿体を充満させる作用があるということが判明しています。

超金龍画像
超金龍の価格
かかりつけ通販へ

▲このページのトップへ

選ばれ続ける理由

超金龍取扱店情報

かかりつけ通販 郵便局留 5%オフ
お支払い方法
・各種クレジットカード
各種クレジットカード
・銀行振込
銀行振込

漢方薬の副作用

漢方精力剤が生薬でつくられているから副作用がないというのは、 正しい理解ではありません。個人の体質の違いによって効果に差が出たり 、副作用が発生します。

漢方精力剤は複数の生薬を組み合わせる調合によって作られています。 それぞれの生薬の相互作用によって、副作用をより少なくするようになっている のが特徴です。